読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eagle eye

政治、経済、社会のニュースを鷲の目で俯瞰します。

日本赤軍を特集した番組を観て

昨日の風呂あがり、扇風機にあたりながら妻が観ていたテレビをしばし一緒に観ていた。その番組は「トリハダマル秘スクープ映像100科ジテン」。石原良純氏が司会のバラエティー(?)番組だ。

f:id:penguinpapa:20160829165613p:plain

*写真は、番組HPより


ちょうどやっていたのが、「日本赤軍」のくだり。日本赤軍が設立されたのは、1971年4月。私がちょうど小学校に入学した年である。まだ世間のことにあまり関心はなかったが、「日航機ハイジャック事件」「テルアビブ空港銃乱射事件」などは、ぼんやり覚えている。


そこで、日本赤軍が起こしたとされる事件を調べてみた。
・テルアビブ空港乱射事件
・ドバイ日航機ハイジャック事件
シンガポール事件
・在クウェート日本大使館占拠事件
・ハーグ事件
・クアラルンプール事件
ダッカ日航機ハイジャック事件
ジャカルタ事件
三井物産マニラ支店長誘拐事件
・ローマ事件
ナポリ事件
等等、(Wikiペディアより引用)実に凄惨な事件を引き起こしている。


番組ではちょうどテルアビブ空港銃乱射の再現ドラマをやっていたのだが、「革命」を実現するためには、手段も択ばず、罪なき人たちも巻き込んでのテロ行為は、許しがたい事件だったのだと、改めて知った。また、彼らが起こした事件の数々は、「革命」の為と言え、今考えれば酷い事件が数十年前にあったのかと思うと身震いがする。

 

日本赤軍と言えば、重信房子、奥平剛士、1970年代から1980年代にかけてパレスチナ解放人民戦線PFLP)などパレスチナ極左過激派と連携
拠点を置いて活動を行っていた日本の新左翼系団体。(Wikiペディアより引用)幼いながら、奥平、重信という名前は、未だによく覚えている。
左翼系団体と言えば、昨年の安保関連法制定に際し、国会まで騒ぎ立て、つい最近解散したSEALsを思い浮かべるだろう。しかし、日本赤軍と比べればかわいいものである。

 

今は、新左翼と言っても下火になった。大学などでも活動しているのは、ごく少数だろう。それ以上に怖いのは、過激派組織ISに傾倒していく若者たちだ。
世界全体がポピュリズム化し、内向きの政治になりつつある今、若者たちには、世界の中の日本がどうあるべきか?という点を考えていってほしいものだ。

抱腹絶倒!?の鹿児島実業高校 男子新体操部

鹿児島実業高校」と聞いて、何を思い浮かべるだろうか?今やリオオリンピックにかき消された感もあるが、「高校野球」甲子園出場常連校としてではなかろうか?

ところが、いまネットで話題なのが、「新体操」である。新体操と言えば、女子が、こん棒やリボン、リングを使って華麗に舞う新体操を思い浮かべるだろう。しかし、今話題になっているのは、「男子新体操部」である。

私の好きな番組、所ジョージさん司会の「1億人の大質問!? 笑ってこらえて!」で、「男子新体操部の旅」を紹介していたことを思い出す。全国レベルの男子新体操部を取材し、日頃の練習風景から、大会本番までを追っかけるという企画である。

メジャーな女子新体操と違い、決して華やかさはないが、そのアクロバティックな演技は、目を見張る。この男子新体操の選手がその後、シルクドソレイユで活躍していた人もいたほどだ。

さて、話は「鹿児島実業高校 男子新体操部」に話は戻るが、アクロバティックな演技は、もちろんだが、プラスαで、「笑い」「流行」を取り入れていることで話題になっている。


百聞は一見に如かず、以下の動画をご覧あれ。

*注意…笑いすぎて腹筋を破壊しないように。

妖怪ウォッチ】あの鹿児島実業男子新体操部が今年も会場を沸かす!
http://fundo.jp/36443

技と笑いが詰まってる! 鹿実男子新体操部が「ライザップ」「とにかく明るい安村」など小ネタ満載の演技を披露
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1608/18/news068.html

美人シュートボクサーRENA VS 元女子レスリング世界チャンピオン・山本美優

格闘技好きには、気になるイベント『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント開幕戦』が、来る9月25日に、さいたまスーパーアリーナで開催されます。

その記者会見が本日(8/16)都内で行われ、特に話題となっているのが、美人シュートボクサーとして知られるRENA選手の対戦相手が、元女子レスリング世界チャンピオンだった山本美優選手に決定し、注目を集めています。

言うなれば、「レスリング対シュートボクシング」の異種格闘技戦。お互い相手の格闘技経験はないだけに、果たしてどんな戦いになるか楽しみです。

9月25日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント開幕戦』の記者会見が、8月16日(火)都内にて行われた。

山本美優選手のレスリング時代の戦績

http://www.japan-wrestling.jp/miyu-yamamoto/

ニュースのまとめ

●【RIZIN】山本美憂デビュー戦の相手はRENAに決定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160816-00000002-gbr-fight

山本美憂、格闘技デビュー戦で“シュートボクシングの女王”RENAと対戦
http://www.oricon.co.jp/news/2076845/

●renaに関するQ&A(311件)-Yahoo!知恵袋
http://chiebukuro.search.yahoo.co.jp/search?rkf=1&ei=UTF-8&p=rena

●RENA 公式ブログ Powered by LINE - LINE Blog
http://lineblog.me/rena_official/

●格闘技界の美少女、RENA(レーナ)がかわいい
http://matome.naver.jp/odai/2146020960732012001

武邦彦さん、ご逝去

元騎手で、調教師の武邦彦さんがお亡くなりになった。77歳だった。死因は、報道によれば、「死因」としかないが、昔から酒豪としても知られていただけに、肝臓を患っていたのだろうか?

武邦彦さんと言えば、現役騎手時代は、“ターフ(芝)の魔術師”の異名をとったことでも有名だ。ご存知武豊騎手、武幸四郎騎手の父親でもある。
現役時代は、“天才"と称された福永祐一騎手と並び“名人”と称された武氏。

通算優勝回数は、1163勝。そんな父親の背中を追い、武豊氏の現在通算優勝回数3963勝(現在更新中)があるのだろう。

ご冥福をお祈り申し上げます。

福原愛選手の神憑り的試合運び

リオ五輪が大いに盛り上がっている。私自身が今最も注目しているのが「 福原愛 」選手だ。

rio.headlines.yahoo.co.jp

未だメダル届いておらず、準決勝進出が決まったところだが、三回戦から出場し、これまでの試合がすべてストレート勝ち。一つのゲームも落としていないというのは、すごいことだ。準々決勝の試合もテレビで観戦していたが、あっという間に試合が終わってしまい、その試合運びたるや右に左に変幻自在、強烈なスマッシュを打ったかと思えば、ポトリとネット際に球を落とす。

「サーッ」という愛ちゃんお決まりの気合の言葉?も上がり、何だか一種の「異空間」の中で何かに守られながら、試合をしているような、そんな不思議な感覚を感じた。

準決勝、決勝と残っているので、メダル獲得に向けその「異空間」の中で試合を展開して欲しい。

Eagle eyeの主張

はじめにこのブログの主張を申し上げておく。というか、私自身の思考がどうなっているかのか、ということだ。

  • 安全保障
    日米韓の一体化
    安保法制は絶対賛成。まだ物足らないとも感じる。

  • 原発問題
    安全が確認されれば、再稼働賛成。
    ラドン温泉」に入ったことがある人ならわかると思うが、多少の放射線は、体に有害どころか、健康に良いと考える。原発ほどクリーンエネルギーはない。

  • 共産党
    大嫌い。
    参院選の際の民共共闘は、狡猾であり、民進党を骨抜きににするだろうと考える。とはいえ、民進党も好きではない。ともあれ即刻日本からなくなってほしい。共産党の動きには、注視していきたい。

  • LGBT
    「T」のトランスジェンダーの人は、生まれながらのいわば「心の障害者」のようなものなので、仕方がない。しかし、LGBの嗜好がある人は、許せない。神を冒涜するものである。男女の愛、結婚こそがあるべき姿だ。同性婚には絶対反対。

  • 天皇陛下
    心より崇拝します。しかし、昨今の「退位(譲位)」発言については、心中お察しいたします。

  • 沖縄基地
    辺野古移設に賛成。沖縄は、地政学的に見ても日本の国防を考えれば最重要の位置。ただアメリカの弱体化、米軍のグアムへ撤退は気になるところ。

今日はこのくらいにしておきます。気が付いたら、また追加していきます。

政府・与党がパチンコ税、携帯電話税を検討!?

こんにちは、ペンギンパパです。

あなたは、パチンコやりますか?携帯電話をお持ちですか?

パチンコもやり携帯電話も持っている!という方は、相当数いることでしょう。実は、政府・与党で、「パチンコ税」「携帯電話税」が検討されていたというのですから驚きです。


パチンコ税は、出玉に対する課税、携帯電話税は台数に対する課税ということが検討されていたとのこと。

結果的には、2015年の税制改革では、見送ることになった、ということで、一安心です。

結局消費税の税率引き上げと並行してこの制度作りをするのは困難と判断したのが、見送りとなった最大の理由のようです。


しかし、国民の知らないところで、まさしく“庶民いじめ”ともいうべき新税制度が検討されていたというのは、驚きです。反発必至、ということを考えなかったのでしょうか?もう少し、国民を喜ばせる制度を考えてほしいところです。